メンズ

過払い金は早めに請求しよう|専門家の力を借りる

たくさんの専門家たち

説明

専門家の特徴

日本で増加の一途を辿る離婚。時には弁護士など専門家のお世話になる事もあるでしょう。弁護士以外にも行政書士や司法書士などたくさんの専門家が「離婚問題はお任せください」と謳っています。相談先が増えたのは良い事ですが、どこに相談すれば良いでしょうか。まず行政書士は書類作成の専門家で、協議による早期解決を目指します。費用はリーズナブルですが、裁判に発展してしまうと何もできなくなるのが難点です。司法書士は登記の専門家で訴額が少額(140万円以下)なら裁判にも出廷できます。弁護士は争いを解決する専門家です。代理人にもなれますし裁判でも頼れるオールマイティな専門家ですが料金は高めです。そのため泥沼化する可能性が低いのであれば、弁護士よりも行政書士や司法書士に依頼した方が費用を抑えられます。

他にもこんな専門家が

先述した弁護士、行政書士、司法書士は皆法律の専門家です。そのため離婚ありきで動く専門家がいる事も否めません。まだ離婚すべきかどうかで迷っている場合の相談先として、離婚カウンセラーという専門家がいます。離婚カウンセラーとは夫婦関係修復のアドバイスが仕事で、法律面ではカバーできない「心のケア」「幸せになるためのアドバイス」を重点に置いています。そのためアドバイス次第では離婚を回避できる可能性もあります。この離婚カウンセラーの資格を持つ行政書士や弁護士も増えています。昔に比べて今は離婚は悪い事ではなくなってきているのでこれだけ相談先も増えたのでしょうが、何かあったら即離婚、と考えるのではなく一度頭を冷やすことも大事と言えます。