メンズ

過払い金は早めに請求しよう|専門家の力を借りる

速やかに相談しよう

笑顔の女の人

期限は10ヶ月以内

人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると必ずしなければならないのが相続税の計算です。相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×法定相続人の数となっており、基礎控除額より遺産総額が多い場合には相続税が課税されることになります。相続税は被相続人が亡くなったことを知ってから10ヶ月以内に申告と納税をしなければならないため、早期に相続税の計算を行うことが重要です。相続税申告が必要であると分かった場合には、まずは税理士に相談するようにしましょう。税理士に相談することで、2つのメリットを享受できます。1つ目のメリットは、相続税申告を代行してもらえることです。そして2つ目のメリットは、相続税の節税対策ができることです。

申告が不要になるケースも

相続税申告をするためには、専門的な知識が必要となってきます。特に不動産の評価額を算出するためには、路線価を調査しなければなりません。また、美術品が遺産に含まれている場合には、適切に鑑定を行う必要があります。税理士に相談することで不動産や美術品の評価額を適切に算出してくれるため、過少申告加算税を心配する必要がなくなります。また、相続税の節税対策により、相続税申告が必要でなくなる場合もあります。小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減などを利用することで、相続税を節税できるほか相続税を0円にすることが可能です。税理士の様々な節税対策の提案により、余分に納税する心配がありません。税理士への報酬以上の節税効果を得られるため、必ず税理士に相談することをおすすめします。